小学生ドラマーの演奏

小学生ドラマーの演奏

小学生ドラマーの演奏

小学生ドラマーとして名高い「鬼塚大我」君のコンサートに行ってきました!

小学生ドラマーとして数々の著名人とコラボし、ギネスブックにも掲載されているとか…

今はだいぶん大きくなって中学生くらいなのかな?

部活のサッカーとドラムに打ち込んでいると言っていました。

知り合いのドラマーから誘われて行く事になったこのライブ。

子どものドラムって、どんなドラムを叩くのだろう…どんな音楽を奏でるのだろう…

そこが一番気になりました。

チケットにはJAZZとお酒の文字がありましたので、やはり会場についてみると落ち着いた雰囲気の素敵な会場で、座ってお酒を飲みながら音楽が聞けるホールでした。

カウンターには本格的に酒蔵さんが直々にいらっしゃって自分達が作っているお酒・日本酒をPRしてくださる。

なんだか贅沢な気分になります。

酒屋でお酒を買っても生産者の顔までは見えません。

しかしこだわって作ったお酒の生産者が生の声を届けてお酒をついでくれる。

これで思いいれもいつもの二倍になり、いいお酒になりました。

ほろ酔い気分になってきた所で演奏開始!

本格的なJAZZなんですね~。

ドラムとベースとピアノのトリオで、インストのJAZZ。

身体も見た目も小さな子どものドラマーなのに、やる曲はかなり大人。

本当の音楽好きにしか分からないようなマニアックな音楽でもあると思いました。

普通は「歌」など主役となる何かがあるのが音楽の見所ですが、ドラムの大我君が主役みたいなものですから、ドラムを聞かせる音楽って難しいですよね。

今回はピアノが主旋律をメインでとっていて、それにベースのソロやドラムのソロが絡んでいく流れになっていましたが、どの曲でも大我君がハイライトでピックアップされる場面があり、その他はセッションのような形で構成されていました。

それぞれがその得意な部分を出し合い、協調しながら、互いの顔を見て探り合う様子や気持ち良さそうにプレイする姿が好印象でした。

ピアニストの栗山さんも、ベーシストの金澤さんもすごいテクニシャンで、素晴らしかった。

金澤さんのベースは味があり、音色もウッドベース独特の木の音がします。

渋くて大好きな音です。

そしてピアノの栗山さんは感情豊かなピアノで、美しく強く様々なカラーを魅せてくれてくぎづけになりました。

そして大我君のドラムもすごかった。

最後のソロでやっと本領発揮とでも言える力強いドラムソロが聞けて最高に興奮しました!

いい一日でした。

やっぱり音楽っていい!!

新車値引き

ヤモリの卵。

今日はなんだか朝からやる気満々です。

子どもたちがラジオ体操に行っている間に掃除機掛け。

買い替えてサイクロンタイプにしたので、常に吸い込みがいいです。

それだけでも気分いいわ~。

でも調子に乗っていて、掃除機が足の上に倒れてきました!

しかも小指・・・痛すぎる。

それでも無事に掃除を終えて、次は洗濯物を干す前にベランダ掃除です。

いつも早く洗濯物を干しちゃうから、ベランダ掃除がおろそかになっちゃうんですよね。

今日はちゃんとやったぞ。

洗濯ものにからんでくる髪の毛とかが結構落ちちゃって。

それを端から端まできれいに掃いて。

ベランダに、旦那さんが洗車グッズなどを入れてある段ボールを置いてあるのですが、その隙間も掃除します。

2つあるうちの小さい1つをどけてみると、裏に何か白いものが見えます。

たまご?繭?

繭だったら蜘蛛っぽいから何とかしないと、ちいさいのがワラワラ出てきたらたまらないよ~。

よく見てみると、ヤモリの卵でした。

ヤモリの卵って、2つセットであるんですよね。

しかも壁とかにくっついてるんです。

以前も見つけ、ふ化させたことがあるのでもう見てからひとりでわくわく。

そこへ子どもたちが帰宅。

思わず「見てみて~!可愛いのがあるよっ!」とベランダに呼んでしまいました。

もちろん同じ反応をするわが子たち。

「いつかえるかなぁ」

「楽しみだね~」

3人でしばらく卵を眺めておりました。

その後ネットでチェックすると、ピンク色になっている卵は有精卵とのこと。

確認しに行くと、ちゃんとピンク色になっています。

あと1カ月もしないうちにきっと可愛いヤモリの赤ちゃんが出てくるに違いありません。

生まれる直前は黒っぽくなって動いているのが見える、とあったので、これから毎日チェックに行かなくては。

本当は壁からはがして家の中に持って来たいのですが、それで卵が割れちゃっても困るし、生餌しか食べないので、実際育てるのはとても大変そうなんです。

本格的に飼育する人は餌を仕入れるのでしょうが、近くにペットショップもないし。

なので、外にある卵を毎日観察して待つことにします。

以前拾ってきてベランダに放したヤモリが大人になって卵を産んでくれたのかなぁ、産まれたらまたここに帰ってきてくれるかなぁ、と思っています。